The Society of Chromosome Research

chimp_m-fish_1mr.png rootslice.png 2-3dcut.png p.jpg

みえる
ワクワクが
とまらない!

一般財団法人 染色体学会
The Society of Chromosome Research

みえる
ワクワクが
とまらない!

一般財団法人
染色体学会
The Society of Chromosome Research

p.jpg 2-3dcut.png chimp_m-fish_1mr.png img20190610181836495429.jpg img20190610184012561854.jpg img20190610184010351579.jpg img20190610183950955286.jpg img20190610183947069244.jpg img20190610183942696972.jpg img20190610183937731740.jpg img20190610183933219963.jpg img20190610184006279445.jpg img20190610184002328282.jpg img20190610183959742041.jpg img20190610183957268991.jpg img20190610183954741145.jpg
  • News

生物科学学会連合公開シンポジウムのお知らせ

生物科学学会連合公開シンポジウム
「気候変動が生物多様性に与える脅威~地球はどのくらい危機的状況か~」
開催日時:2021年12月18日(土)13時~17時 オンライン開催
参加費無料:事前申し込みが必要です(締め切り2021年12月13日)
詳細・参加申込:https://seikaren.org/news/791.html
プログラム:添付のポスターをご覧ください。

令和3年度(2021年度)
第72回年会のお知らせ
(終了しました)

令和3年度の年会はオンラインにて9月16-18日の3日間の日程で開催させていただくことになりました。多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
 
年会準備委員会一同
 
大会の詳細情報については、大会Webページをご覧ください。
(参加登録および発表受付は上記大会Webページで6月上旬より開始予定です)

  • Chromosome Science

Chromosome Science

染色体学会では学会誌「Chromosome Science」を発行しています。
掲載論文はすべてPDFファイルとして、J-STAGEから無料でダウンロードできます。

ChromosomeScience Vol.1~11は、 CiNiiでダウンロードが可能です。
投稿に関する情報は、 英語版ホームページの投稿規定をご覧下さい。

※投稿規定一部改訂のお知らせ
カラーページ一枚につき、一万円が課せられます。PDF版の投稿規定には記載されておりませんので、ご注意ください。
 
  • Chromosome Calendar

Chromosome Calender 2021販売のお知らせ
(500円+送料、会員の方以外でも購入可能です)

 
学会員の皆様
 
大変お待たせ致しました。
今年も諸事情により遅くなりましたが、12月12日に2021年版染色体カレンダーを発行できる見通しとなりました。
作品をご応募頂きました皆様には、特に短期間での校正など編集にご協力頂き、誠にありがとうございました。
つきましては、表紙と裏表紙の画像を添付致しますので、ご覧下さい。
---------------
なお、2021年版染色体カレンダーは、「12th Anniversary Special Issue, Japan Society of Chromosome Research」として、これまで12年にわたって発行したカレンダー表紙画像を各月に配置し、表紙のみを新規応募作品としています。表紙の「バンダコスティリス・ピンキー ‘紅乙女’は、甘い芳香がある日本産とタイ産の交雑種のランです。今回も大変美しい、見応えのある仕上がりとなっております。
---------------------
そこで、なるべく年内にお届けできるように、12月9日(水)よりご注文申込受付をさせて頂きます。カレンダーは例年通り1部500円ですが、送料は有料とさせて頂きます。また、40部以上の場合、12月11日(木)までにお申し込み頂ければ、印刷所から直送させて頂きますので、よろしくお願い致します。
 
*ご購入ご希望の方は、メール又はF AXで下記宛てにお申し込み下さい。
 ・代金(1部500円)と送料は5部ごとに102円)は、受取後に郵便振替にてにご入金(但し、振込料金は各自負担)いただくことになりますので、ご了承下さい。 
  ・口座番号(01390−3−23060)・加入者名(染色体学会事務局)
 
 
  <染色体カレンダー申込先>  
稲賀すみれ 〒683-8503 米子市西町86 鳥取大学医学部解剖学講座
TEL:0859-38-6013  
F AX:0859-38-6010
E-mail:sumire@tottori-u.ac.jp
*******************************************************
以上、どうぞよろしくお願い致します。

2021年版染色体カレンダー編集担当

財団法人染色体学会入会に関するご案内

入会に際しては、染色体学会会則(寄付行為)をよくお読みください。
本学会は、染色体に関する研究の発展と知識の普及を図り、それによって学術全般の発展に寄与することを目的に設立された学術団体です。
本会は、入会資格に関する制限を特に設けておりませんので、本会の目的に賛同される方であればどなたでも入会することできます。
入会をご希望の方は、下記の入会申込書に必要事項をご記入の上、学会事務局までE-mail、FAXまたは、郵便にてご送付下さい。
 

年会費と入会申し込みの手続きについて

入会申し込み用紙 (PDFWord) に必要事項をご記入の上、本学会事務局までご送付ください。  
年会費の振込が確認できましたら、E-mailにて入会のお知らせをして、郵送にて一般財団法人染色体学会英文雑誌 「Chromosome Science」 を年4回お届けいたします。年度途中でご入会いただいた場合には、学会英文雑誌は年度1号からお届けいたします。なお、領収書は振替払込受領書を持って代えさせていただきます。会費の納入は下記口座になっておりますので、よろしくお願い致します。  
(振込先)
郵便振替 口座番号 01390 - 3 - 23060
加入者名 染色体学会 事務局

● 理事・監事 12,000 円
● 評議員 10,000 円
● 一般会員 8, 500 円
● 学生会員A 6, 000 円 (Chromosome Science 配布)
● 学生会員B 1, 000 円 (Chromosome Science 配布なし)
(2010年度より学生会員A,Bが選べるようになりました)
※研究生や研修生等の方々の場合、有給ならば一般会員、無給ならば学生会員Aまたは学生会員Bとなります。
該当の金額をご確認の上、以下の方法でお振込みください。
以上ご了承の上、入会手続きをすすめてください。
※学生会員の場合は、指導教官にご確認の上、教官のの氏名、TEL、E-mailをご記入ください。
入会手続き完了のメールを会員と指導教官にご連絡いたします。

財団法人染色体学会の目的および事業内容

財団法人染色体学会は、1949年に設立されました。
以来、生物の染色体の研究を推し進め、その発展と知識の普及に努めてきました。
現在は、アジア染色体研究の拠点として国際会議:アジア染色体コロキウム(Asian Chromosome Colloquium)の運営も行っています。
主な事業内容は以下に示すとおりです。
 

事業内容

1. 学術誌「Chromosome Science」、学術図書および資料の刊行事業を行う。
2. 染色体全般に関する調査研究の学術集会、講演会、国際会議等を開催する事業を行う。
3. 研究奨励、表彰事業を行う。
4. その他、目的を達成するために必要な事業を行う。

沿革

1947(昭和22)年 1945年4月に篠遠喜人教授と担当の東京帝国大学理学部植物学教室遺伝学講座と植物学第四講座メンバー が山梨県北巨摩郡塩崎村駒沢に疎開した際に使用した設備を整備し、同地に「染色体研究所」を設け、機 関誌『染色体』を1946(昭和2 1)年9月創刊した。その後同研究所は、文部大臣高橋誠一郎氏の許可を得 て(4月 25日)、財団法人化し、理事長を篠遠喜人とした。
1949(昭和24)年 「染色体研究所」を、寄付行為の変更をして「財団法人染色体学会」(11月5日;理事長篠遠喜人)とし、 事務所を東京都練馬区南町2-4135に置いて、文部大臣に申請、許可を得た。理事と理事長がおり、委員制 会員制をもつ。年1回の会員の集まりを大会といわないで、年会と言い、年会は大会と総会とからなる。学 会賞をださず、その費用を学会誌にまわす。等々が本学会の当初の特徴であった。その時、機関誌染色体 5-6号が出版された。
1955(昭和30)年 事務所を三鷹市国際基督教大学内に移転させた。
1960(昭和35)年 機関誌 『染色体ーLa Kromosomo』 に加えて、完全英文機関誌 『Chromosome Information Service』 を創刊 させた。
1982(昭和57)年 牧野佐二郎 名誉教授が新理事長となった。
1984(昭和59)年 事務所を東京都世田谷区上用賀2-4-28 財団法人進化生物学研究所 に移転させた。
1987(昭和62)年 小嶋吉雄 関西学院大学教授が新理事長となった。
1995(平成 7)年 事務所を東広島市鏡山1-4-3広島大学理学部(後に大学院理学研究科)附属植物遺伝子保管実験施設に移転 させた。
1997(平成 9)年 機関誌 『染色体』 と 『Chromosome Information Service』 を合併させて、全英文機関誌 『Chromosome Science』 を創刊させた。
1999(平成11)年 沖垣達 重井医学研究所長が新理事長となった。
2000(平成12)年 寄付行為の大改訂、変更が文部大臣により認可され(7月24日)、新生財団法人として歩み創めた。これにより、学会本部は東広島市西条町西条東1248 角谷染色体研究所とし、事務局ならびに総合編集事務局は広島大学大学院理学研究科附属植物遺伝子保管実験施設となった。
2003(平成15)年 吉田廸弘 北海道大学名誉教授が新理事長となった。
2005(平成17)年 松田洋一 北海道大学教授が新理事長となった。
2006(平成18)年 事務所を札幌市白石区南郷通2丁目南2-5-202 有限会社クロモソームサイエンスラボ に移転させた。
2008(平成20)年 事務所を札幌市白石区菊水1条4丁目6-55-1004 有限会社クロモソームサイエンスラボ に移転させた。
2009(平成21)年 池内達郎 東京医科歯科大学元助教授が新理事長となった。
2009(平成21)年 事務所を東広島市鏡山1-4-3 広島大学大学院理学研究科附属植物遺伝子保管実験施設に移転 させた。
2013(平成25)年 福井希一 大阪大学教授が新理事長となった。

役員(全て非常勤)

※本学会では、役員はその在任中報酬は受けず、退任時において退職金は支給されません。→ 役員規約
 
理事長(2020-2021)
福井希一(大阪大学) 
 
理事(2020-2021)  
動物・医学分野
久保田宗一郎 (東邦大学理学部生物学科)(年会・集会)
佐藤均   (東京大学)(常務理事・事務局長)
多田政子  (東邦大学理学部生物学科)
田辺秀之   (総合研究大学院大学)(編集長、将来構想委員会委員長)
黒岩麻里  (北海道大学)
 
植物・農学分野
近江戸伸子  (神戸大学)
木庭卓人  (千葉大学)(常務理事・編集局長)
長岐清孝  (岡山大学資源植物科学研究所)(Web担当)
福井希一  (大阪大学) (理事長)
菊池真司  (千葉大学)(広報・APCC)
 
監事(2020-2023)
稲賀すみれ(鳥取大学)
山本真紀 (関西福祉科学大学 )
 
評議員(2020-2023)
安積良隆 (神奈川大学理学部 生物科学科)
岩坪美兼 (富山大学 大学院理工学研究部(理学))
内山寛   (日本大学生物資源科学部 応用生物科学科)
小野教夫 (国立研究開発法人理化学研究所)
加藤成二 (山梨県富士・東部農務事務所)
金城康人 (東京都立産業技術研究センター)
佐原健     (岩手大学 農学部)
鈴木剛   (大阪教育大学 教育協働学科 理数情報講座)
高井明徳 (大阪信愛女学院短期大学)
立野裕幸 (旭川医科大学 生物学教室)
辻本壽  (鳥取大学乾燥地研究センター)
鶴崎展巨 (鳥取大学農学部)
若生俊行 (農研機構・次世代作物開発研究センター)
後藤友二 (東邦大学理学部生物学科)
関澤浩一 (杏林大学保健学部保健福祉学科)
奥村誠一 (北里大学海洋生命科学部)
内山進  (大阪大学大学院工学研究科)
入船浩平 (県立広島大学フィールド科学教育研究センター)
和田直樹 (徳島大学大学院社会産業理工学研究部) 

学会賞選考委員
(2021年1月1日~)
学会賞選考委員長   福井希一
学会賞常任選考委員 若生俊行
学会賞選考委員
 鈴木剛
 菊池真司
 近江戸伸子
 田辺秀之
 小野教夫
 松原和純
 
外国人名誉顧問(アルファベット順)
Michael D. Bennett
(Keeper, Jodrell Laboratory, Royal Botanic Gardens, Kew, United Kingdom)
Stefan Malepszy
(Minister of Science and Technology Agency of Poland;  Dean, Warsaw Agricultural University, Warszawa, Poland)
Canio G. Vosa
(Professor, University of Pisa, Pisa, Italy)
 
顧問 (アルファベット順)
角谷哲司
釜野井正男
西岡みどり
沖垣達
庄司太郎
山田卓三
吉田廸弘
池内達郎
 
Chromosome Science編集委員会
編集局長
木庭卓人(植物・農学関連,千葉大学,松戸)
田辺秀之(動物・医学関連,総合研究大学院大学,葉山)
 
編集委員長 
若生俊行(植物・農学関連, 農研機構・作物研究部門・ゲノム育種支援室, つくば)
 
編集委員
(動物・医学関連)
稲賀すみれ (鳥取大学、米子)
小野教夫 (理化学研究所,和光)
小原良孝 (弘前大学,弘前)
久保田宗一郎(東邦大学,船橋)
黒岩麻里 (北海道大学,札幌)
児玉喜明 (放射線影響研究所,広島)
佐原健  (岩手大学,盛岡)
孫田信一 (バイオセプト・ジャパン,名古屋)
高井明徳 (大阪信愛女学院短期大学,大阪)
田辺秀之 (総合研究大学院大学,葉山)(委員長)
鶴崎展巨 (鳥取大学,鳥取)
三浦郁夫 (広島大学,東広島)
 
(植物・農学関連)
近江戸伸子 (神戸大学,神戸)
菊池真司 (千葉大学,松戸) 
木庭卓人 (千葉大学,松戸)
鈴木剛  (大坂教育大,大阪
谷口研至 (広島大学,東広島)
長岐清孝 (岡山大学,倉敷)
福井希一 (大阪大学,大阪)
向井康比己 (大阪教育大学,柏原)
若生俊行 (農研機構・次世代作物開発研究センター,つくば)(委員長)
山本真紀 (関西福祉科学大,大阪
横田昌嗣 (琉球大学,那覇)
 
歴代役員

染色体学会賞は1991年に牧野賞としてもうけられました。その後1996年に染色体学会賞の名称に変更されました。

2020年度 染色体学会賞受賞者

受賞者:  松田洋一(名古屋大学大学院生命農学研究科)
受賞対象研究種目: 研究脊椎動物における染色体進化に関する分子細胞遺伝学的研究

 

過去の 染色体学会賞受賞者

2019年度 
宇野好宣(理化学研究所 生命機能科学研究センター)両生類のゲノム・染色体進化に関する研究
2018年度 髙田英昭(国立研究開発法人 産業技術総合研究所)染色体凝縮の機構と生物学的意義に関する研究
2017年度 松原和純(関西学院大学・理工学部・生命医化学科)爬虫類におけるゲノム構造および性染色体の進化
2016年度 菊地真司(千葉葉 ⼤学⼤学院園芸学研究科)トレニアの種間雑種における染⾊体⾏動の解析
2014年度 多田 政子(鳥取大学 染色体工学研究センター)マウス胚性幹細胞が持つエピジェネティックなリプログラミング活性
2013年度 三浦 郁夫(広島大学 大学院理学研究科)カエルの性決定と性染色体の進化
2011年度 黒岩麻里(北海道大学大学院理学研究院)哺乳類および鳥類における性染色体と性決定機構の進化研究
2009年度 若生俊行((独)農業生物資源研究所)三次元画像法による植物染色体におけるヒストン翻訳後修飾の動態解析
2008年度 長岐清孝(岡山大学資源生物科学研究所)植物の動原体構成要素の解析
2008年度 内山進(大阪大学大学院工学研究科)ヒト染色体のプロテオーム解析に関する研究
2005年度 小野教夫(理化学研究所中央研究所) 染色体の構築と分離におけるコンデンシンの役割
2003年度 国府方吾郎 (国立科学博物館筑波実験植物園) ソテツ目植物の分子細胞分類学的研究
2001年度 近江戸伸子 (神戸大学発達科学部) 高感度可視化法による植物染色体の分子細胞学的研究
2000年度 星良和 (九州東海大学農学部) 分子細胞学的手法によるモウセンゴケ科の分散動原体
1999年度 藤原篤志 ((独)水産総合研究センター養殖研究所) サケ科魚類の雑種致死に関する分子細胞遺伝学的研究
1999年度 宮本旬子 (鹿児島大学理学部) 分子細胞学的手法を用いた被子植物の染色体解析
1997年度 久保田宗一郎 (東邦大学理学部生物学科) メクラウナギ目の染色体放出に関する分子細胞遺伝学的研究
1996年度 入船浩平 (県立広島大学生物資源学部) 植物染色体における高頻度反復配列の解析
1995年度 高井明徳 (大阪信愛女学院短期大学人間環境学科) 魚類の染色体進化と種分化に関する細胞遺伝学的研究
1994年度 立野裕幸 (旭川医科大学医学部) 哺乳類配偶子・初期胚染色体研究法の開発・改良とその応用
1993年度 吉田光明 (放射線医学総合研究所緊急被ばく医療研究センター) ヒト腎細胞癌の発生における第3番染色体単腕部分欠失の役割
1992年度 黒尾正樹 (弘前大学農学生命科学部) サンショウウオ科の種分化に関する細胞遺伝学的・分子遺伝学的研究
1991年度 日詰雅博 (愛媛大学教育学部) 蛍光分染法による裸子植物染色体の研究

2019年度

受賞者なし
 

2020年度 BP賞

ポスター発表の部:
「Epigenetic changes in DNMT1-null mouse embryonic stem cells expressing the catalytically inactive DNMT1」○Takamasa Ito, Musashi Kubiura-Ichimaru, Masako Tada (Department of Biology, Faculty of Science, Toho University, Japan)

「Sex chromosome evolution in Japanese Tago’s brown frog species complex」○Chiao Kuwana, Hiroyuki Fujita, Masataka Tagami, Takanori Matsuo, Kornsorn Sriklunath, Ikuo Miura (Graduate School of Integrated Genetics, Amphibian Research Center, Hiroshima University, Japan)

 

事業報告・収支決算報告 【PDFファイル】

2018事業年度 事業報告書および収支決算書 (2018_jigyou_houkoku_kessan_1_HP.pdf)
2017事業年度 事業報告書および収支決算書 (2017_jigyou_houkoku_kessan_1_HP.pdf)
2016事業年度 事業報告書および収支決算書 (2016_jigyou_houkoku_kessan_1_HP.pdf)
2015事業年度 事業報告書および収支決算報 (2015_jigyou_houkoku_kessan_b17Jan30.pdf)
2014事業年度 事業報告書および収支決算報 ([kaikeishiryou1]_2014-2015jigyouhoukoku_syuushikessan.pdf)
2013-2014年 事業報告書および収支決算報告 (2013-2014syushikessan.pdf)
平成25年度 事業報告 (H25jigyouhoukoku_14May31.pdf)
平成25年度 決算報告 (H25syuusikessann_14May31.pdf)
平成24年度 事業報告 (Info2012-4.pdf
平成24年度 決算報告 (Info2012-5.pdf)
平成24年度 補助金等報告・明細 (Info2012-3.pdf)
平成23年度 事業報告 (Info2012-1.pdf)
平成23年度 決算報告 (Info2011all.pdf)
平成22年度 事業報告 (Info2010-1.pdf)
注記 (Info2010-0.pdf)
平成22年度 収支決算書 (Info2010-2.pdf)
平成22年度末正味財産増減計算書 (Info2010-3.pdf)
平成22年度末貸借対照表 (Info2010-4.pdf)
平成22年度末財産目録 (Info2010-5.pdf)
平成22年度補助金等報告・明細 (Info2010-6.pdf)
 

事業計画・収支予算 【PDFファイル】

2018事業年度 事業計画書および収支予算書 (2018_jigyou_keikaku_yosan_2_HP.pdf)
2017事業年度 事業計画書および収支予算書 (2017_jigyou_keikaku_yosan_2_HP.pdf)
2016-2017年 事業計画および予算書 (2016_jigyou_keikaku_yosan_b17Jan30.pdf)
2015-2016年 事業計画および予算書 ([kaikeishiryou2]_2015-2016jigyoukeikaku_yosan.pdf)
2014-2015年 事業計画および予算書 ([kaikeishiryou2]_2014-2015keikaku_yosan.pdf)
2013-2014年 事業計画 (2013-2014jigyoukeikaku_A.pdf)
2013-2014年 収支予算書 (2013-2014syuusiyosann_B.pdf)
平成25年度 事業計画 (Info2013-1.pdf)
平成25年度 収支予算書 (Info2013-2.pdf)
平成24年度 事業計画 (Info2012-2.pdf)
平成24年度 収支予算書 (Info2012budget.pdf)
平成23年度 事業計画 (Info2011-1.pdf)
平成23年度 収支予算書 (Info2011-2.pdf)

学会事務局

〒271-8510
千葉県松戸市松戸648
千葉大学大学院園芸学研究院
植物生命科学講座 遺伝育種学研究室内
一般財団法人染色体学会事務局
TEL / FAX: 047-308-8839
E-mail: hitsatoh@chiba-u.jp
(事務担当者在室曜日:月曜日10:00-15:00)