The Society of Chromosome Research

img20210218112833261566.png img20210222191906816255.png
  • Welcome

ごあいさつ

令和3年度(2021年度)に予定されている染色体学会第72回年会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、オンラインでSpatialChatを用いて、2021年9月16-18日の3日間の日程で開催します。染色体学会では、初めてのオンライン年会となり、色々と不慣れな点も出てくるかと思いますが、皆様にご満足いただけるように企画・運営していきたいと思いますので、是非ともご参加ください。このような状況で、皆様と直接お会いできないのは残念ですが、オンラインの利点を活かした挑戦的な大会にできればと思っております。
 
年会運営委員一同

  • Program

プログラム

令和3年度の年会はオンラインでSpatialChatを用いて、9月16-18日の3日間の日程で開催します。
日程は以下のように計画しています(詳細が決定し次第、詳しい日程表を掲載します)。
注:日程を変更しました(8/23)。
9月16日(木):理事会、編集委員会、口頭発表、学会賞受賞授与式および受賞講演、ポスター発表、懇親会
9月17日(金):口頭発表、評議委員会、総会、優秀発表賞授与式、
9月18日(土):公開講座
 
詳細プログラム(PDF)はコチラ(72年会(2021)_プログラム(配布用).pdf)からダウンロードできます。

  • Registration information

参加登録

本年会の参加費は、染色体学会会員の参加費は無料といたします(参加申し込みは必要です)。また、染色体学会に興味をおもちで、なかなか普段の年会に参加する機会が無かった非会員の方々も気軽に参加していただけるように、非会員の方の参加費も¥1,000に設定いたしました。非会員の方の参加費のお支払い方法については、参加申し込み確認のメールに記載してありますので、ご参照の上、ご入金ください。
 
会員、非会員とも、下記のフォームにて参加申し込みをお願いします。
*参加申し込みは、大会当日まで随時受け付けていますが、発表のある方は8月31日(延長しました)までに参加登録および演題登録をお済ませください。
 

 

発表申し込み

■    発表申込み( ※発表ご希望の方は必ず上記の参加登録を先に行って下さい。
(口演発表、ポスター発表を問わず、要旨の提出が必要です。)

和文要旨(プログラム用): Abstract(J) cs72.doc に記入し添付の上、下記へ送付してください。 
* 年会事務局: skikuchi(AT)faculty.chiba-u.jp *(AT)を@に置き換えてください。
* 和文要旨発表申込締切日:   8月31日(火)へ延長しました
メール件名ならびファイル名ともに、Abstract(J)_cs72_氏名とお書きください。

英文要旨(学会誌掲載用): Abstract(E) cs72.doc に記入し添付の上、下記へ送付してください。
* 年会事務局: skikuchi(AT)faculty.chiba-u.jp *(AT)を@に置き換えてください。
* 英文要旨提出締切日:  9月20日(月)
​メール件名ならびファイル名ともに、 Abstract(E)_cs72_NAMEとお書きください。

注意
一般講演による口頭発表およびポスター発表での演題発表者は、一般財団法人染色体学会会員に限ります。この形式での発表希望者で入会を済ませていない方は、 染色体学会Webページ の「入会方法」から入会申込用紙をダウンロードして入会手続きして下さい。
  • Meeting information  

年会詳細情報

本年会は、SpatialChat というサービスを用いて行います。

本年会におけるSpatialChatの詳しい使用法については、参加登録確認メールに添付された「染色体学会第72回年会におけるSpatialChatの詳しい使用法」をご覧ください。
 
一般講演
  1) 口頭発表  9月16日 13:00-14:00,  9月17日9:00-12:00 口頭発表会場
   ・1演題18分間(発表時間15分、質疑応答3分)です。(13分1鈴、15分2鈴、18分 3鈴)
     ・各自のパソコンの画面を共有し、発表を行ってください。
   (詳しくは、「染色体学会第72回年会におけるSpatialChatの詳しい使用法」をご覧ください。
     ・発表時間は進行役の指示に従って下さい。
   2)ポスター発表 9月16日  16:15-17:15 
     ・掲示場所は、ポスター会場です。
          ・ポスターは、1,000(横)x1,500(縦) pix 以下のPNG(またはJPEG)フォーマットファイルを作成し、
              9月14日 までに年会事務局(skikuchi(AT)faculty.chiba-u.jp *(AT)を@に置き換えてください。)宛に、お送りください。
   3)Poster 1 min talkでの発表 9月16日 16:00-16:15 口頭発表会場
   ・ポスター発表者は、Poster 1 min talkでの発表があります。ポスター内容についての簡単な紹介です。
             1枚のパワーポイントからpdfファイルを作成し、 9月14日までに年会事務局宛に、お送りください。

  • Open Lecture

公開講座(9月18日(土)13:00-15:30)
「みんなに知ってもらいたい、最新の染色体研究」

 普段の学会では、公開講座の聴衆は大会開催地周辺の方々に限定されますが、オンライン開催では全国に向けて発信することが可能ですので、これを「全国の方々に染色体に関連する研究を知ってもらう機会」ととらえて、「みんなに知ってもらいたい、最新の染色体研究」というタイトルの公開講座を企画しました。
 前半には、一般の方々にも理解しやすく、かつ生物学的に面白い現象についてのトピックを、後半には、一般の方には古い学問と思われがちな染色体研究のイメージを刷新できるような、2020年にノーベル賞を受賞した「ゲノム編集」や最近耳にする機会が増えた「AIによる機械学習」などのトレンドワードに関連したトピックを選んでおります。

 
 皆様のご参加をお待ちしております。
 
年会実行委員会一同
 
参加申し込みはコチラからお願いします。

Part 1: 染色体に関する生き物の不思議
 
消えゆくY染色体の運命 
−Y染色体をもたない哺乳類の研究−
 
北海道大学 大学院理学研究院 生物科学部門
黒岩 麻里 教授

 

えっ、半分、捨てちゃうの?

東邦大学・理学部 
久保田 宗一郎 教授

 

 
Part 2: 最新技術と染色体研究

ゲノム編集で染色体を可視化

鳥取大学・乾燥地研究センター 
石井 孝佳 講師

 

AIによる染色体解析
-染色体にもSociety 5.0?-

岡山大学・資源植物科学研究所 
長岐 清孝 准教授

 

 
Part 3: 総合討論

 

 

  • Committee members

 

年会運営委員
長岐清孝(岡山大学)
菊池真司(千葉大学)

  • Chromosome Science

Chromosome Science

染色体学会では学会誌「Chromosome Science」を発行しています。
掲載論文はすべてPDFファイルとして、J-STAGEから無料でダウンロードできます。

ChromosomeScience Vol.1~11は、 CiNiiでダウンロードが可能です。
投稿に関する情報は、 英語版ホームページの投稿規定をご覧下さい。

※投稿規定一部改訂のお知らせ
カラーページ一枚につき、一万円が課せられます。PDF版の投稿規定には記載されておりませんので、ご注意ください。
 
  • Chromosome Calendar

Chromosome Calender 2021販売のお知らせ
(500円+送料、会員の方以外でも購入可能です)

 2021年版染色体カレンダーは、「12th Anniversary Special Issue, Japan Society of Chromosome Research」として、これまで12年にわたって発行したカレンダー表紙画像を各月に配置し、表紙のみを新規応募作品としています。表紙の「バンダコスティリス・ピンキー ‘紅乙女’は、甘い芳香がある日本産とタイ産の交雑種のランです。今回も大変美しい、見応えのある仕上がりとなっております。カレンダーは、1部500円ですが、送料は有料とさせて頂きます。
 
*ご購入ご希望の方は、メール又はF AXで下記宛てにお申し込み下さい。
 ・代金(1部500円)と送料は5部ごとに102円)は、受取後に郵便振替にてにご入金(但し、振込料金は各自負担)いただくことになりますので、ご了承下さい。 
  ・口座番号(01390−3−23060)・加入者名(染色体学会事務局)
 
 
  <染色体カレンダー申込先>  
稲賀すみれ 〒683-8503 米子市西町86 鳥取大学医学部解剖学講座
TEL:0859-38-6013  
F AX:0859-38-6010
E-mail:sumire@tottori-u.ac.jp
*******************************************************
以上、どうぞよろしくお願い致します。

2021年版染色体カレンダー編集担当